読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘンナー・デッキスキーの変なCOJ講座

COJに関するあれこれを独自の勘違いと独自の見当違いで語っていくブログ。

エラッタに見る環境変化

気になったので。

エラッタの影響で環境がどうなっていくか考えたいと思います。

いつも通り適当に。

 

早速やってきます。

 

・幻想のメロディー

発動タイミング変更。

 

ユニットを出した時→ターン開始時

 

お前SRだよな?

条件違いの【聖女の祈り】と化した。

その【聖女の祈り】も1度エラッタを喰らった身で、現在の採用率はどんだけなんだよと言いたい。

向こうと違ってライフ差のみが条件のため、発動の条件自体は緩い。

ただし以前のような爆発力は当然お空の彼方にドライブシュートである。

相手の「とりあえずランプ伏せ」がぶっ刺さる結果になったうえ、効果的に「次のターンから本気出す!」というタイプでないと採用しにくい。

今の環境でそんなタイプは紫かアポピス系くらいだが、どちらにもそんな枠は無い。

新タイプ、新機軸のアーキタイプが出てくるまでお預けか?

 

「今行動したい!」という場面が多い血染め珍獣では最早採用の余地は無い。

恐らく現行のアーキタイプで採用できるデッキは無いかも、ただでさえトリガーは割られる環境だし。

 

お前SRだよな?

 

・血染めの夜

効果変更。

 

相手CPユニット分減少→自分CPユニット×2増加

 

やりすぎだ、やりすぎたから仕方ないが。

 

血染め珍獣の根幹を破壊するエラッタ

最初からこれなら誰も文句言わなかっただろうに、Rくらいなら。

メロディーのエラッタと併せて血染め珍獣は根本的なところから不可能に。

っていうか別のカードじゃねぇか、うすしおさんもビックリだわ。

 

変更後の効果のみを見ると、最大10CPチャージできる上に発動順の関係でランプの影響を受けない。

傾国の美女を2回打てということか、もしくは1CP残してデスコンと一緒に使って3点ならトキヤ君もビックリ。

 

まあトリコンの宣伝しといて、私が最初に思い浮かんだのが青のリアニメイト(セポネとかネクロとか)系だった時点で私の脳は相当やられてる。

ユニット1体でネクロ成立するとか悪さできそうな気が……しませんか、そうですか。

 

大量のCPを捻出できてもそれを活かす手段が現状では限定的、こちらも新機軸のアーキタイプが出るまではお預けか。

ついでに言えば1ターン内で有効活用しようとするとどうしてもユニット+このカード+他のカードとなってしまうので、手札の消費が大きい可能性が高い。

ハンデスやトリガー割りの多い今の環境では運用は中々難しい。

もちろん既存デッキに居場所は無い。

 

お前SRだよな?

 

・鍛治神の業物

タイミング変更

 

相手ターン終了時→自分ターン開始時

 

お前もやりすぎた。

 

道化師デッキにおける最強ムーブの初手ウィルス出しユニット鍛治伏せ、二手【クラウンクイーン】から始まる椅子取りゲームならぬライフ取りゲーム。

これが実質1ターン遅れることに。

もちろん初手【ストレンジ・アイ】なら二手目に【ジャック・ザ・リッパー】やスピム付与した【聖天使ニケ】などによる2ターン目2〜3点のムーブ自体は可能だし、相手が上手く立ち回り出来なければそのまま3〜4ターン目に終了という可能性は残っている。

紫相手にはまだまだ現役で鍛治道化師は存続できるかもしれない、単純に今までの「運さえ良ければ相手のデッキタイプとほぼ無関係に勝つ」という点をピンポイントで潰してきた。

 

立ち上がりが1ターン遅れることが致命的になりやすいリリパチ系統との凌ぎ合いがどうなるか次第だが、横に並びやすい道化師では【太陽神ラー】を擁するリリパチ系統にこの「1ターンの遅れ」が響く可能性が高い。

ブリハンやアポピスなど、相性のよろしくないデッキが増えてきた昨今では使用率の減少は止められないだろう。

 

ちなみにカード単体で見た場合、死ぬほど弱体化してる。

ターン開始時効果も使えず、アタックもできず、特殊召喚なので固有能力も付与されない。

【星天女アンドロメダ】の時に散々言われた「何をターゲットにすればいいんだ?」が不明瞭。

精々紫がゲージを消費せずに【魔天ルシファー】を出す、くらいしか思いつかなかった。

【創世竜ティアマト】は普通に出してください。

 

場にいることに意味があるユニットを出したいところだが、トリガー割りが多い(ry

 

本来使って欲しかったと思われる武神系統とは相性が悪くなってしまった。

 

 

 

・環境の予測

個人的見解ですが。

現在の第一線級に血染め珍獣、赤緑リリパチ、ブリハン、紫、鍛治道化師、黄単あたりがいる。

第二線級にアポピス系、黄緑加護獅子王(最近上昇中?)、大自然侍、アンドロティアマト、その他まだ発展途上のデッキ群。

 

こんなイメージ。

 

ここから既存デッキの推移のみを意識してみる。

 

この中で第一線級の血染め珍獣が恐らく消滅、一時的なものかもしれないが。

次いで道化師は消えこそしないものの減少するだろうと思う。

するとこの2つと相性の良くなかった紫あたりは再度隆盛してくる、と言いたいのだが、ここ最近流行りのマジョルカ加護獅子王が待ったをかけてくる。

紫はそもそも獅子王と相性が悪かったし、リリパチもラーによる瞬間火力やフレイミーウィルス効果が加護によって当てられなければ残るは防御禁止のインセプのみ。

恐らくエラッタ直後は紫やリリパチ、それらと相性が良いとされるブリハンや加護獅子王が入り混じった展開がされ、それらと無関係に我を通す黄単という、単純に血染めと道化師が抜けた穴に加護獅子王が入り込むという構図になると思われる。

 

そんな中、アポピスはブリハンや加護獅子王に有利だと思ってるので私は今と変わらずアポピスでいく予定です。

リリパチにも黄単にも紫にも多分不利なんだよなぁ。

 

まあ実際にエラッタされる時にまた追加があるかもしれませんし、まだ実施日も決まってないので変更あるかもしれません。

とりあえず私的には第一線級が今とそんなに変わらないと予想します。

 

ではまた会いましょう。