読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘンナー・デッキスキーの変なCOJ講座

COJに関するあれこれを独自の勘違いと独自の見当違いで語っていくブログ。

変無阿式赤紫試作型壱式

f:id:hennadecksuki:20160607000558p:image

実際に握った時は魔法石とインペソが1枚ずつ少なくレッサーデーモンが2枚入ってましたが、レッサーデーモン全く使わなかったのとインペソをわざわざ魔法石で引っ張ってくるほど使いたかったのでこの形で明日使ってみます。

何を見たデッキなのか?
蘇生青系統とブリギット系を見たつもりです。

何をするデッキなのか?
パズズで焼き払え!的な?
無限に蘇生してくるなら無限に焼き尽くしてやればいいじゃない!という安直な考え的な?
ルシファーはフィニッシャーです、余計なことはしなくていい。
トドメを刺す、その瞬間のためだけにいればいい、だから2枚あればいい、決して2枚しか持っていないからとかそんな理由ではない。
無いったら無い。

で、実際どうだったのよ?負けたんでしょ?
1勝1敗でよくわからん。
黄単明天にやられて蘇生海洋には勝った。
ただBランクのイベント戦がどの程度の人達がプレイしてるのかサッパリなもんで、よくわかりません。

動かし方
先攻はとりあえずマコでも出しとけばいんでないっすかねぇ、後は適当にゲージ溜めながらインペソパズズでいんでないっすかねぇ。

後攻はとりあえずレーヴァテインでブリギットか2コスサーチャー殺すマンからスタートしとけばいんでないっすかねぇ、実際それをやるために赤と混ぜたわけですしねぇ。

蘇生系統の強みは蘇生が発生するタイミングにあると思ってます。
自動で発動する効果はユニット非ユニットに関わらずターン保持側から発動します、つまりガイアが場に出ていたらガイア効果が発動した後に蘇生されてくるわけです。
恐らくこの順番が逆だったら蘇生系統はガイアに蹂躙されていたのでは無いかと思われます。
そこで必要になるのが「出た後で恒久的に破壊できる手段」となり、私はそれにパズズを選んだというだけです。

とはいえ白狼には苦労させられましたね、略して苦狼です苦狼。
親父ギャグだなこれ。

まあ蘇生系統にはミューズが採用されないことが多いみたいですし、インペソパズズしながら適当なユニットでアタックしてると白狼以外が勝手に死んでいき、白狼は白狼でこちらのメインBP帯が4000〜6000なので受け止めると自壊してしまうという点を突いてひたすらアタックしてなんとか勝利したという感じだったので、次も同じように勝てるかと言われると疑問は多いです。

ただタコマコでユニットを、ペンダントでインセプを圧縮できて魔法石まで採用してるので、使いたいカードが手札に無いことは少なかったですなぁ。
ゲージ消費役がルシファーだけなのでフィニッシュのタイミングで1度使用出来れば御の字、使わずに勝てるならそれも良し。
なのでペンダントは序盤だろうがゲージが満タンだろうが気にせず使ってとりあえず3ゲージまでとっとと溜めて、プリズンなりニードルなり羽化なりインペソなりを手札に呼び込むために使っていけばいいと思いますよ。

枠があればドラゴニュートも入れたかったけど、このデッキだと効果的なタイミングで出せなさそうだしゲージ溜まる気がしないので今回は補欠に。
入れてもいい気はするけどね、ルシファーとは違う選択肢ってことで。
パズズと併せて8000まで焼けるのは強い気がスル、そこまでして焼きたいユニットってなんだって話だけど。

弱点はモロばれ
秩序の盾とハンデス
盾はまだデリートレイドを上手く使えれば何とかなるかもしれないけど、というかそのためのデリレなんだけど。
ハンデスは多分無理。
手札を回復させる手段がありません、かと言って単体で場をどうにかできるカードが殆ど無いのでハンド落ちから盤面崩壊すると巻き返せる手段がありません。
上手く序盤でテンポを掴んで押し切れればいいけど、多分無理だべ。

まあニケバアルのほうが強いんじゃないかと言われたらその通りな気もするけど、まだまだ新環境で下位ランクですし遊んでみます。

ではまた会いましょう。