読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘンナー・デッキスキーの変なCOJ講座

COJに関するあれこれを独自の勘違いと独自の見当違いで語っていくブログ。

DOB更新は置いとこう

そういう内容が見たい人は他のブログへゴー。
何度も言うけどここでは書きません、間に合いません、時間がありません。

ニケバアルがS、平田SPがAで組めるんだなってことくらいしか思いつかなかった。
青黄もイエティとかバックアックメンバーとかの「使える4P帯」があるからBは簡単そう、Aまで行くと厳しいかな?

ただ前の時もそうだったけどニケバアル対策が自然にできるミューズが色んなデッキにタッチ導入されているせいか、使う人はそこまで増えないかな?
むしろディナー1ポイント付いてるからディナー型ハンデスでB〜A構築が増えるんでないの?って感じ。

まあ私の予想は大概ハズレるからアテにはならんね。

ちなみに私は今こんな感じのデッキ握ってます。

f:id:hennadecksuki:20150718101127p:image

赤青のCデッキ、今んとこ調子はいい。
元々は後攻初手キッドでユグドラ対策や!ってとこから構築スタートしてるから変な感じになってる。
まあパワーカード入れてるだけと言われたらその通りなんだけどね。

どうせ今期もミューズが出てくるだろうからスピムもといキャンパスを使うつもりは最初から無かった。
代わりに武器破壊ミューズで止めてくる相手用に闇取引、これならキッドテューポーンが武器破壊食らってもレベル1ミューズなら倒せる。
2枚以上使ってくれるならそれはそれでおいしい。
ユグドラはキッドが出てれば1ターン待ってもいいし死壊石を当てれば返しのターンすぐに破壊できるしであんまり苦にならない、序盤に引いておきたいからアジトを2枚、余ったら第二効果狙いで。

マリガン基準に関しては先攻は普通のマコブブコース、マコテューポーンブブが理想かな。
後攻はキッドかテューポーンと闇取引、妥協案が2コス帯のマコバンシーウンディーネ3種。
ただ人身御供が無いし毘沙門もいないからガッチガチに盤面固められるとやることがなくなってくる。
死壊石ハデスやチャンプアタックを上手く使って常に相手のユニットを削っていく意識で行動しないと、デッキ自体が展開遅めのデッキってこともありなかなか厳しい。

とりあえずグラスホッパーBlackが3枚手に入るまではこれを握りたいかな、あれやっぱり面白いと思うんだ(強いとは言ってない)

今日はこんなところで。
ではまた会いましょう。